Night Earth

Paris, Île-de-France, France

荷重...
Paris
読み込み中地図...

フランスの首都パリは、象徴的なランドマーク、豊かな文化、活気に満ちたナイトライフで知られています。イル ド フランス地域に位置するパリには、約 220 万人が住んでおり、ヨーロッパで最も人口密度の高い都市の 1 つです。近代的な建築物と歴史的な建築物、世界的に有名な美術館、賑やかなカフェやレストランがユニークに融合したこの街は、人気の観光地になっています。

パリの夜は、有名なランドマークが金色にライトアップされ、目を見張るものがあります。エッフェル塔、凱旋門、ノートルダム大聖堂は、街のスカイラインを照らす象徴的な建造物のほんの一部です。パリは活気に満ちたナイトライフでも知られており、バー、クラブ、音楽会場が数多くあり、街は早朝まで賑やかです。

ただし、夜間の美しさと活動のすべてに、かなりの量の光害が伴います。光害科学技術研究所によると、パリの光害指数は 82.9 で、非常に高いと考えられています。このレベルの光害は、自然のリズムを乱し、鳥や他の動物の移動パターンを妨げるため、人間の健康と環境の両方に悪影響を与える可能性があります.

パリの光害の主な原因の 1 つは、街の街灯システムです。パリには 70,000 を超える街灯があり、その多くは明るい白色光を発する高輝度放電灯です。これらのランプは多くの場合、複数の方向に向けられており、シールドされていません。つまり、すべての方向に光を投射し、かなりの量の光害を引き起こします。

パリの光害のもう 1 つの重要な原因は、街の建物を飾る照明付きの看板や標識です。これらの広告は明るく照らされていることが多く、何マイルも離れたところからでも見ることができ、街の全体的な光害のレベルを高めています。

光害を減らすための市の努力にもかかわらず、パリはこの問題と格闘し続けています。 2013 年、市は午前 1 時以降に街灯を消すことで光害を減らすキャンペーンを開始しましたが、このイニシアチブは、安全と商業に悪影響を与えると感じた住民や企業からの抵抗を受けました。

光害は別として、パリは多くのユニークな特徴を持つ活気に満ちた多様な都市です。パリの人々は芸術、ファッション、食を愛することで知られており、街にはルーヴル美術館やオルセー美術館など、世界で最も有名な美術館やギャラリーがいくつかあります。

パリは産業の中心地でもあり、ファッション、高級品、金融に重点を置いています。この都市には、ロレアル、トタル、BNP パリバなど、多くの大企業があり、国際ビジネスと貿易の主要な中心地です。

ランドマークに関しては、パリはエッフェル塔、ノートルダム大聖堂、凱旋門などの象徴的な建造物で有名です。これらのランドマークは、重要な文化的シンボルであるだけでなく、毎年何百万人もの観光客を引き寄せる重要な観光名所でもあります。

パリは豊かな文化と歴史を持つ美しく活気に満ちた街です。しかし、多くの都市部と同様に、人間の健康と環境の両方に悪影響を及ぼす可能性のある光害の問題に苦しんでいます。それにもかかわらず、パリは依然として観光客に人気の目的地であり、産業と商業の中心地です。