Night Earth

Beppu, Ōita, Japan

読み込み中地図...

別府は、九州の大分県にある都市です。温泉地としても有名で、日本有数の温泉街です。この都市は、観光客だけでなく地元の人々のにぎやかなハブであり、約 120,000 人の住民が住んでいます。

夜の別府の最も顕著な特徴の 1 つは、光害の多さです。この都市では、1 平方メートルあたり約 35,000 ルーメンの光害が発生していると推定されています。これはかなりの量の光害であり、市の人口や都市化など、さまざまな要因の結果です。

別府は比較的小さな都市ですが、人口密度が高い都市です。都市のコンパクトな性質と多数の高層ビルが相まって、光害は避けられないことを意味します。街の住人はネオンや明るい光をこよなく愛することで知られており、それが光害が多いという街の評判に貢献しています。

別府の光害に寄与する最も重要な要因の 1 つは、別府の活況を呈している観光産業です。別府は温泉地として知られており、独特の天然温泉を求めて大勢の観光客が訪れます。高さ100メートルの展望塔で、別府タワーからの夜景が美しい別府タワーなど、夜はライトアップされる観光スポットがたくさんあります。夜になるとタワーがライトアップされ、街並みがさらに明るくなります。

別府は温泉や観光地だけでなく、賑やかな港や漁業が盛んな街でもあります。港とその周辺地域は夜になると非常に明るくなり、街の光害の一因となっています。

光害の多い街であるにもかかわらず、別府の人々は活気に満ちた明るい街並みを楽しみ続けています。この街には独特の魅力があり、住民は多くのアトラクションやランドマークを誇りに思っています。この都市の住民は、おもてなしと親しみやすい自然で知られており、観光客に人気の目的地となっています。

別府は、温泉、にぎやかな港、活気に満ちたナイトライフで知られる都市です。その多くのアトラクションやランドマークは夜にライトアップされ、街のすでに明るいスカイラインに追加されます.この街の人口密度の高さと、ネオンや明るい光への愛が、その重大な光害レベルの要因となっています。それにもかかわらず、この都市の住民は、その多くの提供物と歓迎する自然に誇りを持ち続けており、世界中からの訪問者にとってユニークで忘れられない目的地となっています.