Night Earth

Batu Pahat, Johor, Malaysia

バトゥ パハットはマレーシアのジョホール州にある都市で、活気に満ちたナイトライフとにぎやかな通りで有名です。ジョホール州の西海岸に位置し、シンガポールとの国境に近い都市です。人口約 50 万人のバトゥ パハットは、ジョホール州最大の都市の 1 つであり、商業、産業、文化の中心地です。

バトゥ パハトは、街の通りを照らし、お祭り気分と歓迎の雰囲気を作り出す活気に満ちた常夜灯で知られています。ただし、この照明は光害の原因となり、環境や地域住民の生活の質に悪影響を及ぼす可能性があるため、コストがかかります。

バトゥ パハトの光害の主な原因の 1 つは、この都市で活況を呈しているナイトライフ産業です。街には数多くのレストラン、バー、ナイトクラブがあり、地元の人々や観光客を魅了しています。これらの施設には、多くの場合、明るいネオンサインと屋外照明があり、何マイルも離れたところから見ることができます.さらに、街のにぎやかな通りには、街灯、信号機、その他の形態の屋外照明が並んでおり、光害を助長しています。

光害の悪影響にもかかわらず、街のナイトライフがすぐに減速することはまずありません.ナイトライフ産業は、市の経済に大きく貢献しており、地元の文化の重要な部分です。バトゥ パハトの住民の多くは、街で夜を過ごしたり、友人や家族と交流したり、街の活気に満ちたナイトライフを楽しんだりしています。

ナイトライフ産業に加えて、バトゥ パハトの産業部門も市内の光害の原因となっています。この都市には多くの工場や製造工場があり、多くの場合 1 日 24 時間稼働しています。これらの施設では、安全性と生産性を確保するために明るい照明が必要であり、その照明は何マイルも離れた場所から見ることができます。

光害の課題にもかかわらず、その影響を軽減するために実行できる手順があります。たとえば、市は屋外照明に関する規制を実施し、企業や住宅所有者に、光害に寄与する可能性が低いエネルギー効率の高い指向性照明を使用するよう義務付けることができます。さらに、市は、光害の主な原因である上向きの光を最小限に抑える、暗い空に優しい照明器具の使用を奨励することができます。

全体として、バトゥ パハトは活気のあるナイトライフと活況を呈している工業部門を備えたにぎやかな都市です。この活動は光害の一因となりますが、都市の文化と経済の重要な部分です。光害の影響を軽減するための措置を講じることで、都市は繁栄し続けると同時に、環境と地域住民の生活の質を保護することができます。バトゥパハトの光害の推定量を定量化することは困難ですが、都市の規模と活動レベルを考えると、かなりの量になる可能性があります。