Night Earth

Baruta, Miranda, Venezuela

読み込み中地図...

バルタは、ベネズエラのミランダ州にある自治体です。この地域で最も人口の多い自治体の 1 つであり、推定人口は約 290,000 人です。この都市はベネズエラの北中部に位置し、ベネズエラの首都カラカスの大都市圏の一部です。

夜になると、バルタの街はかなりの量の人工光で照らされ、光害を引き起こします。光害とは、夜空の自然な暗闇を乱す過度または誤った方向の人工光です。バルタでは、光害の主な原因は街灯、建物、広告看板です。

バルタの常夜灯の最も印象的な特徴の 1 つは、エル アティージョ クロック タワーの照明です。 El Hatillo の近隣の自治体にある時計塔は、高台にあるため、Baruta のさまざまな場所から見ることができます。時計塔は 20 世紀初頭に建てられた歴史的建造物であり、強力なスポット ライトに照らされ、遠くからでも見ることができます。

時計塔の他に、バルタの他の注目すべきランドマークには、市のメイン広場であり、自治体の政府機関の場所であるプラザ ボリバルがあります。ボリバル広場は、いくつかの街灯に照らされ、広場に柔らかく暖かい光を放ちます。さらに、バルタにはいくつかの大きなショッピング センターがあり、特にホリデー シーズンには明るくカラフルなライトで照らされます。

バルタの人々は一般的にとてもフレンドリーで親切です。街にはコミュニティ意識が強く、公園や広場などの多くの公共スペースがあり、人々が社交やアウトドアを楽しむために集まります。しかし、屋外照明の使用など、そこに住む人々の習慣も光害問題の一因となっています。

産業に関しては、バルタは主に住宅地であり、自治体全体にいくつかの小さな商業地域が点在しています。この地域に重工業が少ないということは、産業活動による光害が少ないことを意味します。しかし、スマートフォンやタブレットなどの電子機器の普及やLED照明の普及により、今後光害問題が深刻化する可能性があります。

バルタは、街灯、建物、広告看板による光害が相当量ある賑やかな都市です。バルタの最も有名なランドマークであるエル ハティージョ クロック タワーは、強力なスポット ライトで照らされており、バルタのさまざまな場所から見ることができます。街の友好的で親切な人々は、公共の場に集まることを楽しんでいますが、屋外照明の使用などの習慣も光害問題の一因となっています。重工業が不足しているにもかかわらず、電子機器や LED 照明の使用の増加により、将来的に光害が増加する可能性があります。