Night Earth

Bani Suwayf, Beni Suef, Egypt

読み込み中地図...

ベニ スエフとしても知られるバニ スウェイフは、エジプトの中央部に位置する都市です。バニ・スワイフ県の首都であり、人口は約 30 万人です。この都市はナイル川の西岸に位置し、農業と産業活動で知られています。

Bani Suwayf の注目すべき特徴の 1 つは、常夜灯です。この都市にはかなりの量の光害があり、これにはさまざまな要因が考えられます。都市の光害の主な原因は、住宅、商業、工業地域での人工照明の使用です。都市の人口増加により、これらのエリアが拡大し、人工照明の使用が増加しています。

バニ スウェイフの光害のもう 1 つの要因は、適切な照明規制の欠如です。市には、屋外照明の量と強度を制限する特定の規制がありません。その結果、屋外照明が過度に使用され、都市の光害に大きく貢献しています。

さらに、都市での電力需要の高さは、特にピーク時の照明の使用の増加にもつながっています。この高い電力需要は、化石燃料の排出量を増やし、大気汚染とそれに続く光害の増加につながりました。

これらの要因にもかかわらず、Bani Suwayf は美しい夜景で知られています。街の夜景を紹介する有名なランドマークには、ベニ スフ橋やベニ スフ コーニッシュなどがあります。ベニ スフ橋は、ナイル川の東岸と西岸を結ぶ吊り橋です。橋は青と白のライトで照らされ、夜は目立ちます。一方、ベニ スエフ コーニッシュは、ナイル川沿いにある人気の遊歩道です。このエリアは装飾的なライトで明るく照らされており、訪問者に美しい雰囲気を作り出しています。

バニ スワイフの人々は、もてなしと伝統的な価値観で知られています。人口の大部分はイスラム教徒であり、彼らはイスラムの伝統と慣習を守っています。市内には、市内で最も有名なモスクの 1 つであるアルファス モスクを含むいくつかのモスクがあります。

バニ・スワイフの経済は、農業と産業によって支えられています。この都市は、綿花、小麦、とうもろこしの生産で知られています。さらに、市内には繊維、食品加工、セメント生産などの中小企業がいくつかあります。

バニ・スワイフは、豊かな文化と歴史を持つ都市です。街の夜景は美しいですが、光害の大きな原因となっています。都市の光害の主な原因は、人工照明の過度の使用、適切な照明規制の欠如、および電力需要の高さです。これらの課題にもかかわらず、バニ・スワイフの人々は農業と産業で繁栄し続けており、この地域の重要な経済の中心地となっています。