Night Earth

Bamenda, Northwest, Cameroon

読み込み中地図...

バメンダは、カメルーンの北西部に位置する賑やかな都市で、絵のように美しいグラスフィールドの山々に囲まれています。北西部の州都であり、カメルーンで 3 番目に大きな都市であり、推定人口は約 50 万人です。この街は、活気に満ちたナイトライフ、文化祭、豊かな歴史で知られています。

夜になると、バメンダは眠らない街となり、明るい光が通りや建物を照らし、ほとんど魔法のように見えます。街の夜景は目を見張るものがあり、ネオンサイン、街灯、ヘッドライトが何マイルも離れたところからでも見ることができるまばゆい色のディスプレイを作り出しています。しかし、街の美しさは光害の問題によって損なわれており、これは住民と環境保護論者の両方にとって懸念事項となっています。

光害は人工照明の過度の使用によって引き起こされ、エネルギーを浪費するだけでなく、環境や人間の健康にも悪影響を及ぼします。バメンダでは、光害の最も重大な原因は、街灯、車のヘッドライト、および商業用および住宅用建物からの光害です。

バメンダの光害の量は、都市の人口が多く、人工照明に依存している多くの企業が存在するため、非常に高いと推定されています。高レベルの光害は、環境への影響に関係なく、企業や個人が選択した照明を使用することを許可してきた規制の欠如に起因する可能性があります.

光害のレベルが高いにもかかわらず、この街には、夜に明るく照らされる注目すべきランドマークがいくつかあります。バメンダ グランド スタンドは、街で最も有名なランドマークの 1 つです。毎晩ライトアップされ、街の通りを歩く人たちの目印になります。見事な建築の傑作であるバメンダ大聖堂も夜はライトアップされ、夜空とのコントラストが美しい。

バメンダの人々はナイトライフを愛することで知られており、この街には盛んなエンターテイメント産業があり、多くのバー、ナイトクラブ、レストランが早朝まで営業しています。しかし、このナイトライフへの愛情は、多くの企業が顧客を引き付けるために一晩中明かりをつけ続けるため、光害の問題に大きく貢献しています.

バメンダには、農業、繊維、観光など、さまざまな産業の本拠地もあります。この都市は、地域の重要な収入源であるコーヒーと紅茶のプランテーションで知られています。繊維産業も市内の主要な雇用主であり、多くの企業が生産目標を達成するために 1 日 24 時間営業しています。街の観光産業も成長しており、多くの観光客がこの地域の美しい自然や文化的なフェスティバルを見に来ています。

バメンダは、豊かな文化遺産と繁栄するエンターテイメントおよび産業部門を備えた活気に満ちた都市です。しかし、高レベルの光害は重大な懸念事項であり、照明を規制して環境と人間の健康への影響を軽減するための対策を講じる必要があります。それにもかかわらず、街の常夜灯は目を見張るものであり続け、夜に明るく照らされたランドマークは、街の美しさと回復力の証です。