Night Earth

Asaka, Saitama, Japan

読み込み中地図...

朝霞市は日本の埼玉県にある都市で、2021 年の人口は約 138,000 人です。この都市は、活気に満ちたナイトライフ、にぎやかな商店街、夜空を照らす高層ビルで知られています。ただし、光害は都市に影響を与える重大な問題であるため、これには代償が伴います。

光害は、過剰な人工光が自然の暗闇を妨げ、動植物の自然のサイクルを乱し、人間の健康に影響を与えることで発生します。朝霞もこの問題の例外ではありません。かなりの量の光害があり、空の明るさは平方秒あたり 20.3 等と推定されています。

朝霞市の光害には、市の立地や人口密度など、いくつかの要因が関係しています。朝霞市は、世界で最も人口密度の高い都市部の 1 つである首都圏に位置しています。東京や埼玉県の他の主要都市に近いということは、都市の活気に満ちたナイトライフや経済活動を支える人工照明の需要が高いことを意味します。

朝霞の常夜灯は目を見張るものがあり、夜にはいくつかのランドマークがライトアップされます。例えば、朝霞市役所や朝霞文化センターは明るく照らされ、周辺を照らしています。交通の要所である朝霞駅も夜になるとライトアップされ、市民や観光客の賑わいを見せています。

市の住民も光害問題に貢献しています。日本の多くの都市と同様に、朝霞の住民は夜通し明かりをつけ続ける傾向があります。この習慣は、一部には安全上の懸念と、明るい空間を好む日本の文化によるものです。ただし、この習慣は、都市の光害の全体的な量に貢献しています。

朝霞市の光害のもう一つの要因は産業です。この都市には、一晩中人工照明を必要とする工場や工業地帯がいくつかあります。この照明は何マイルも離れたところから見ることができ、街の夜空全体の明るさに貢献しています。

光害と闘うために、アサカは屋外照明の規制や啓発キャンペーンなど、いくつかの対策を講じてきました。屋外照明に関する市の規制では、光のこぼれやまぶしさを最小限に抑えるために、すべての屋外照明器具を下向きにする必要があります。市はまた、住民や企業に対し、夜間に不要な照明を消し、エネルギー効率の高い照明器具を使用することを奨励しています。

朝霞市はナイトライフが盛んな街で、光害問題も深刻です。都市の場所、人口密度、文化的習慣のすべてが、都市で使用される人工照明の量に影響します。しかし、アサカはこの問題に対処するため、屋外照明の規制や啓発キャンペーンなどの対策を講じています。環境と人間の健康の両方に重大な影響を与える可能性があるため、朝霞のような都市が光害の問題に対処することは非常に重要です。