Night Earth

Arapiraca, Alagoas, Brazil

読み込み中地図...

アラピラカは、ブラジルのアラゴアス州にある都市です。人口は推定 232,000 人で、首都マセイオに次いでアラゴアス州で 2 番目に大きな都市です。アラピラカは活気に満ちた文化、多様な人口、成長する経済の結果である活気に満ちたナイトライフで知られています。

アラピラカの最も注目すべき特徴の 1 つは、印象的な常夜灯です。この街は、通り、建物、ランドマークのライトアップで有名で、色と模様がまばゆいほどに輝いています。しかし、この美しさには光害の問題が伴い、環境と住民の健康の両方に影響を与えています。

光害とは、人工光を過度かつ不必要に使用することであり、その結果、夜空の自然な暗闇が減少します。生態系の破壊、エネルギーの浪費、人間の健康への悪影響など、光害の悪影響は数多くあります。

アラピラカでは、光害の主な原因は、商業ビルや公共スペースでの街灯や屋外照明の使用です。街には街灯が集中しており、光があらゆる方向に散乱するのを防ぐために適切に遮蔽されていないことがよくあります。さらに、アラピラカの多くの建物やモニュメントは夜間にライトアップされ、光害の問題を引き起こしています。

最近の研究では、アラピラカの光害指数は 12.38 と推定されており、これは高いと考えられています。この指標は、夜空の人工光の量を測定し、値は 0 (光害なし) から 50 (極度の光害) の範囲です。 12.38 という値は、アラピラカの夜空が中程度に汚染されており、一部の地域で深刻な光害が発生していることを示しています。

アラピラカに住む人々の習慣や文化も、街の光害問題に一役買っています。若くて活気に満ちた人口を抱える成長中の都市であるアラピラカには、夜遅くまで営業しているバー、レストラン、ナイトクラブなど、盛んなナイトライフ シーンがあります。これは、特に歩行者の多い地域で、屋外照明の需要が高いことを意味します。さらに、商業看板でのネオンや LED ライトの使用は一般的であり、都市全体の光害の原因となっています。

アラピラカの経済は、光害問題の一因となっているもう 1 つの要因です。この都市には強力な産業部門があり、工場や倉庫が地域全体に配置されています。これらのビジネスでは、セキュリティと生産性のためにかなりの屋外照明が必要であり、夜空の人工光の量が増加します。

これらの課題にもかかわらず、アラピラカの光害を減らすために講じることができる措置があります。市は、不必要な光の使用を減らすために、シールド付き器具やモーション センサーの使用を義務付けるなど、より効果的な照明規制を実施できます。さらに、教育キャンペーンは、光害の悪影響についての認識を高め、住民や企業がより持続可能で効率的な照明の実践を奨励することができます。

アラピラカは、印象的な夜景で知られる活気に満ちた成長中の都市です。しかし、この美しさには代償が伴い、街は深刻な光害に見舞われています。街灯、照明付きの建物やモニュメントの集中度の高さ、および都市住民の習慣と文化のすべてが問題の一因となっています。効果的な照明規制を実施し、光害を減らすことの重要性について一般の人々を教育することにより、アラピラカはその自然環境の美しさを維持しながら繁栄し続けることができます.