Night Earth

Anseong, Seoul Capital Area, South Korea

読み込み中地図...

安城は、韓国のソウル首都圏の南部に位置する都市です。この都市の人口は約 163,000 人で、美しいランドマーク、豊かな文化遺産、活気に満ちたナイトライフで知られています。しかし、他の多くの都市部と同様に、安城も光害の問題を抱えており、自然環境と住民の生活の質に影響を与えています。

光害は、過剰な人工光によって引き起こされる環境汚染の一形態です。環境、野生生物、人間の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。安城市では、光害の推定量は中程度であり、一部の地域では夜間に高レベルの人工光が発生しています。

安城の光害のレベルに影響を与える最も重要な要因は、都市の急速な開発と都市化です。都市が成長し続けるにつれて、より多くの建物、街灯、およびその他の人工光源が設置され、夜はより明るく照らされた環境になります。さらに、安城には、製造工場や流通センターなど、24 時間 365 日稼働するいくつかの大規模産業の本拠地があります。これらの産業は、安全とセキュリティ上の理由から明るい照明を必要とし、地域全体の光害の原因となっています。

これらの課題にもかかわらず、安城市は近年、光害に対処するための措置を講じてきました。市政府は、LED 街灯の使用や、光を下向きにして上向きの光漏れを最小限に抑える遮光板の設置など、エネルギー効率を促進し、光害を減らすための政策を実施しています。さらに、多くの住民が光害を減らすことの重要性を認識し、家庭で使用する人工光の量を減らすための措置を講じています。

安城で最も人気のあるランドマークの 1 つは、毎年秋に開催される安城男寺堂バウドギ祭りです。この祭りは、朝鮮時代に始まった韓国の伝統芸能であるナムサダンを祝うものです。祭りの期間中、訪問者はカラフルなライトとランタンに照らされた伝統的なダンスパフォーマンス、アクロバット、およびその他の文化活動を楽しむことができます.

安城のもう 1 つの注目すべきランドマークは、舞台芸術で使用される伝統的な韓国の仮面のコレクションを収蔵する安城マチュム博物館です。博物館は、現代建築と伝統的な韓国の要素を融合させた美しいデザインの建物にあります。夜になると、柔らかで温かみのある照明が建物を照らし、建物の特徴を際立たせ、周辺地域の魅力を高めます。

安城は、豊かな文化遺産と活気に満ちたナイトライフを備えた美しい都市です。しかし、他の多くの都市部と同様に、光害に関連する課題にも直面しています。都市は成長と発展を続けていますが、環境と住民の生活の質を守るために、エネルギー効率と光害の削減を優先することが重要です。市政府、産業界、住民の継続的な努力により、安城はその美しさと魅力を維持しながら、光害の問題にも対処することができます。