Night Earth

Allahabad, Uttar Pradesh, India

プラヤグラジとしても知られるアラハバードは、インド北部のウッタル プラデーシュ州にある都市です。ガンジス川、ヤムナー川、神話上のサラスヴァティ川の合流点に位置し、この地域の重要な文化的および宗教的拠点となっています。この都市には約 120 万人が住んでおり、豊かな歴史、文化遺産、有名なランドマークで知られています。

夜間照明に関しては、アラハバードは魅力的な場所です。この街は活気に満ちたナイトライフで知られており、通りや市場は夜遅くまで賑わっています。市内で最も目立つ明るいエリアは、さまざまなショップ、レストラン、娯楽施設があるダウンタウンの商業地区です。通常、これらのエリアは明るく照らされており、ネオンサインや街灯が街全体の雰囲気を高めています。

アラハバードで最も有名なランドマークの 1 つは、12 年ごとに行われる大規模なヒンズー教の巡礼であるクンブ メラです。クンブ メーラの期間中、インド全土と世界中から何百万人もの人々がアラハバードに集まり、ガンジス川の神聖な水で沐浴します。この祭りは、夜空を照らす色とりどりのライトと花火で、壮大な夜の儀式で知られています。

しかし、多くの都市と同様に、アラハバードも光害に悩まされています。都市の光害の最大の原因は、商業用および住宅用の人工照明の使用です。多くの建物や家屋は明るく高輝度のライトを使用しており、何マイルも離れたところから見ることができ、地域全体の光害を悪化させています。

都市の環境と住民に対する光害の影響は、ますます懸念されています。自然生態系の破壊、野生生物の行動や移動パターンへの干渉、人間の健康や睡眠パターンへの悪影響など、さまざまな悪影響に関連しています。

こうした懸念にもかかわらず、アラハバードでは光害を減らす努力が行われています。市政府は、LED 電球などのエネルギー効率の高い照明の使用を促進し、高輝度照明の使用を思いとどまらせるいくつかのプロジェクトを開始しました。しかし、光害の影響について一般の人々の意識を高め、より持続可能な照明の実践を奨励するために、さらに多くのことを行う必要があります。

アラハバードは活気にあふれ、文化的に豊かな都市で、魅力的なナイトライフが楽しめます。街の常夜灯は、そのユニークな特徴と魅力に貢献していますが、環境と街の住民に対する懸念が高まっている光害にも貢献しています。政府と一般市民の協力により、街の光害を減らし、この歴史的で重要な文化センターの自然の美しさを維持することができます。