Night Earth

Ageo, Saitama, Japan

読み込み中地図...

上尾市は日本の埼玉県にある都市で、きらめく星の海のように見える鮮やかな夜景で知られています。東京から北へ約30kmに位置し、人口は約23万人。上尾は光害が多いことで知られており、環境、野生生物、人間の健康に悪影響を及ぼしています。

上尾市は重要な産業の中心地であり、多くの工場や製造工場があります。これらの産業活動は光害の重大な原因であり、これらの施設からの光が街の夜間照明に貢献しています。また、上尾には飲食店やショッピングモール、娯楽施設など多くの商業施設があります。これらの施設は、街の常夜灯にも貢献し、光害を悪化させます。

産業や商業活動に加えて、上尾に住む人々の習慣も街の夜の明かりに貢献しています。上尾では、使わないときも明かりをつけっぱなしにする人が多く、これが光害の一因となっています。高輝度の街灯や看板ライトの使用も、光害を増加させます。

上尾は独特の景観があり、夜でも見えるランドマークがたくさんあります。街で最も目立つランドマークの 1 つは、独特の形と照明で知られる上尾駅です。この駅は、この地域で最も利用者の多い鉄道駅の 1 つであり、通勤者や観光客に人気の目的地です。駅からの光は街の常夜灯に加わりますが、光害にも大きく貢献しています。

街の夜景に加わるもう 1 つのランドマークは、1,500 年以上前の古墳である武蔵益子古墳です。夜になると古墳がライトアップされ、街の独特の景観に彩りを添えます。ただし、ライトは光害にも寄与します。

上尾市の推定光害レベルは 23.3 平方メートルで、非常に高いと考えられています。光害は、野生生物を混乱させ、植物や動物の自然なリズムに影響を与え、夜空の視界を遮るなど、環境に多くの悪影響を及ぼします。光害はまた、睡眠パターンを乱したり、目の問題を引き起こしたりするなど、人間の健康にも悪影響を及ぼします。

光害の影響を軽減するために、上尾市はさまざまな対策を実施しています。これらの対策には、低照度の街灯や看板ライトの使用、使用されていないときの照明の消灯の奨励、屋外照明の規制の実施が含まれます。これらの対策は、市内の光害のレベルを下げるのに役立っていますが、まだやるべきことはたくさんあります。

上尾市は、鮮やかな夜景で知られる埼玉県の都市です。都市の高レベルの光害は、産業および商業活動、そこに住む人々の習慣、および高輝度の街灯や看板ライトの使用によって引き起こされます。市の推定光害レベルは 23.3 平方メートルで、非常に高いと考えられています。光害は、環境、野生生物、および人間の健康に悪影響を及ぼします。市は光害の影響を軽減するためにさまざまな対策を実施していますが、市の光害のレベルを下げるためにはまだ多くの作業が必要です。